エントリー

防災出前講座 in 横浜市民防災センター

防災出前講座 in 横浜市民防災センター
                 
                       
開催日時:平成29年5月19日(金)10:40〜12:00          
会  場:横浜市民防災センター                
参 加 者:26名                    
                       
               

まちセンの施工部会では、横浜市消防局神奈川消防署から依頼を受け、

家具転倒防止の出前講座を横浜市民防災センターにて行いました。

     
                       
 
                     
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
 
                     
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
横浜市民防災センターは市内唯一の防災学習施設です。            
今回は、神奈川区家庭防災員地区代表研修会の1コマとしての講座です。          
 
                     
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
講師の王子氏です。                    

講座受講者は神奈川区にお住いの家庭防災員さん達総勢26名です。

今回は女性が多いです。

     
 
                     
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       

講師の王子氏は初めに、

「非常持出品は発災時に命を守るものではない!」と断言しました。

     

地震が来た時はまず命を守る事が一番大事で、

その命があった上で非常持出品が役に立つのです。

     
まさにその通り!当たり前の事に気が付かされました。            
                       

様々な画像を見ましたが、家具の固定をしていない場合と

してある場合を比べる動画を見た時は、

     
あちこちでアーッと声が上がりました。                
映像であっても目の当たりにすると怖いものです。。。            
                       

家具を固定する大切さを学んだあとは、実演を見て学習。

参加して習得します。

       
実演担当は刈山氏。ミニ家具を使って分かりやすく解説。            
 
                     
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
受講者からも何人かが実演をしてみました。              
 
                     
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
神奈川消防署の方にも同じように実演してもらいました。            
 
                     
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
家具は壁の正しい場所に取り付けないと、いざという時に危険です。          
今回の受講した皆さんには分かってもらえたのではないかと思います。          
                       

今回使用した器具と道具

(他に転倒防止金具の代表作である突っ張りポールやチェーンなどがあります)

     
 
                     
                       
                       
                       
                       
                       
                       
                       
左側の二点は、壁の下地に何があるか分かる道具              
(転倒防止器具は、下地に柱がある場所に取り付けます。)            

右側の手前にある半透明の物は、

家具の前面の下に挟み込む転倒防止のゴムストッパー。

       

一番右側の半透明の丸いものは、

キャスターを固定する滑り止めストッパー。

         

真ん中の白いものは耐震クラッチという地震の揺れを

キャッチすると食器棚等の開き戸を開かなくする優れもの。

     
                       

転倒防止金具はホームセンター等で購入し、

自分で家具を固定する事が出来ます。

       

値段はピンキリですが、最安500円程で家具を固定することが出来、

命を守ることが出来ます。

     
                       
いつ来るか分からない地震。                  

 

でも来てからでは遅いのです。

                 

まずは命を守る準備をする事。

一人でも多くの人が、意識を高く持ち備えていく。

       
これが減災に繋がるのではと感じる講座でした。              
                       
                       
                       
まちセンでは、                    
家具転倒防止器具取付工事業者紹介を行っております。      
また、今回のような家具転倒防止の防災出前講座も行っております。          
                       
電話またはメールでお問い合わせの上、どうぞご利用ください!!          
                       
                       
                       

ページ移動

ユーティリティ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -